Subscribe to my RSS feed

女の子に客を回さなければいけないので店も必死です。

女の子に客を回さなければいけないので店も必死です。

デリヘルの人件費の話です。
風俗に限らず商売の公式は、「売り上げ-経費=利益」で表されます。
経営者は売り上げを上げていき、経費を下げることで、利益を上げることに日々奔走するのです。
集客ができずに売り上げは上がらないまま、家賃や人件費などの固定経費のみが出て行くことになれば、お店は当然赤字となります。
店舗型の風俗の場合では、店舗の家賃と女の子の人件費、スタッフの人件費が固定費として発生します。
しかしながら、デリヘルの場合では、お客さんが入って初めて利益と人件費が同時に発生するのです。
これは、「固定費の変動費化」とも呼ばれていて、経営の見地からみると、とても優れたシステムなのです。
働く女性の立場からしても、お茶をひくようなお店はさっさと辞めて他のお店に移ればいいわけですし、たいていの風俗店は給料が日払い制ですから、お店同様でキャッシュフローも抜群です。
経済合理性が追求され、雇用の流動化が実現している業界といえるでしょう。
この発想は一般のビジネスにも活かせます。
デリヘルは、お店の顔であるホームページにいかに多くの人にアクセスしてもらって、そしてそのホームページを見た人に電話をかけさせてクロージングさせるかというビジネスなのです。
アクセスを高める方法はいろいろあるのですが、即効性の高いのは広告を出すことです。
「何度も繰り返し広告を出しているのに、なぜ効果が出ないのか」
と、悩んでいるお店に対して、以下の5つのポイントのチェックが必要です。
ネットなどの媒体選びは適切か。お店・女の子の魅力を十分に引き出せているか。ユーザビリティーに大きな問題はないか。利用者特典はあるか。価格設定に誤りはないか。
広告の媒体選びは、頻繁に出しているお店の模倣から始めるといいでしょう。
頻繁に出しているのは広告効果があると考えられるからです。
そして、アクセスは増えても問い合わせに繋がらないのであれば、ホームページの改定が必要となってきます。
他店のサイトを参考にしながら、女の子の魅力を最大限に魅せるサイト作りをこころがけるようにしましょう。
最近のデリヘルのホームページは、女性の写真を並べて表示していることが多いです。
これは携帯でのアクセスを意識した作りになっていることはいうまでもありません。
顔はぼかしなどで隠してあることが多いのですが、体のラインなどは克明にチェックできます。
そしてなによりも肝心なのは、サービスの種類です。
「ディープキス可能」「指入れ有り」「69可能」「フェラチオOK」「口内発射OK」などが並びます。
一般的には、プレイの種類が羅列してあって、可能なものに○がついています。
利用者は目的のサービスが可能な女の子が見つかったら電話することから、その利用のしやすさ、アクセスの容易さから、携帯を常に意識したサイト作りを行っているのです。
さらに、今なら1000円割引などの特典を付け加えると、問い合わせの電話が増えるようです。2時間3万円のプレイ代でも1000円引きというのはうれしいものです。
お店側としても、せっかく出勤してくれた女の子に仕事を回せないことほど、申し訳ないことはありません。ですから集客には躍起になるのです。

ここだけの話


六本木発のデリヘル店で伝説となっているデリヘル情報サイトがあります。
六本木・デリヘルシティ
http://dl-city.net/shoplist/area_tokyo_8.html
何が伝説かというと、広告の宣伝効果、即効性、知名度上昇など、コストパフォーマンスにもすぐれた
効果抜群のデリヘル宣伝媒体がここなのです。

風俗店の新着情報

すぐデリグループ「ザ・激安」はおかげさまで13周年を迎える
知る人ぞ知る激安デリヘルです。

大型グループ店だからできる
徹底したコスト削減により激安価格を実現!

全てのお客様へ満足度1000%をお届け!
選りすぐりのエッチな厳選素人との
エロエロでラブラブな恋人気分プレイをお楽しみください!

ザ・激安が13年続く理由を是非お客様の身体で感じてください。

満足度1000%をお届けします♪
おかげさまで13周年 すぐデリグループ
ザ・激安
0120-803-017
24時間営業

上にもどる